ABOUT US

劇団InnocentSphereとは

 

 

「混沌から浮かび上がるもの」をテーマに、 1997年旗揚げ。
2003年パルテノン多摩演劇フェスティバルで最優秀作品賞他3賞を受賞。 同年、早稲田大学学生文化賞を受賞。
2008年TOKYO GEKIDANFES’08に東京代表として出場。
2010年より、東京のみならず地方での公演やワークショップなども積極的 に行なっている。
2011年広島で上演された「シンハナーダ」は、戦時中の過酷な戦争体験を描いた作品で、口コミで観客動員を延ばし、高い評価を受ける。
2015年TABACCHIプロデュース「40minutes VOL.2」 に参加、新作「セイレン」を上演。多数の投票数と観客の評価を獲得し 、見事優勝を手にする。 

エンターテイメント色の強い作品から、メッセージ性の強い社会派の作品まで描き分ける、西森英行の深い描写力や演出力に近年脚光が当たり始め、ドラマ「交渉人」「黒星刑警部の密室捜査」の脚本、「早乙女太一新春公演」「メサイア」演出、宮本亜門リーディング公演「ISAMU」や「新版 義経千本桜」への 脚本提供と活躍が目覚しい。
また、他の劇団員も、2008年佐藤佐吉賞最優秀主演男優賞を受賞した狩野和馬、演劇ユニット「toi」を主宰し活動中の黒川深雪、映画やテレビへの出演も増えている三浦知之、コントユニット「大統領師匠」を主宰する中田真弘&遊佐邦博、など、劇団外での活動も精力的に行っている。

また他劇団には無い要素として座付き作家西森の他に、朗読劇へ脚本提供をした黒川深雪や、大統領師匠で脚本を書いている中田真弘と、劇団内に作家が3人いるのも大きな特徴の一つといえる。

 

+++++InnocentSphere 過去上演情報+++++

 

2015年5月 「セイレン」
      (スクエア荏原ひらつかホール)                                                       

      ※TABACCHIプロデュース40minutesvol.23団体合同公演へ参加見事観客の票を獲得し優勝!

   1月 「刻印」

         東京公演:池袋シアターグリーンBIGTREE THEATER

          広島公演:アステールプラザ多目的スタジオ

      ※アステールプラザ主催芸術劇場シリーズ

 

2014年4月 「ミライキ」(池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER)

 

2013年4月「ディス・ワンダーランド」<Grick×InnocentSphere×JP>(青山円形劇場)
      ※島谷ひとみ・鈴木ちなみ・松本まりか・アイリほか、Grickメンバーとの合同公演

 

2011年10月 「獅子吼-シンハナーダ」
        東京公演:中野ザ・ポケット
        広島公演:アステールプラザ

      ※アステールプラザ主催芸術劇場シリーズ

    1月 「23分後」(吉祥寺シアター)
    

2010年5月~8月 「4×4=0(フォー・バイ・フォー・イコール・ラブ)」
      ※東京・広島・長野 三都市ツアー公演

      ※広島南区民文化センター主催演劇マネジメント活性化事業「劇×魂」参加作品
        東京公演:下北沢シアター711
        広島公演:南区民文化センター                
        長野公演:若里市民文化ホール

 

2009年4月 「ゲニウスロキ」(シアタートラム)
      ※フジテレビ系ドラマ『エゴイスト』とのコラボレーション公演
   10月 「ヒ・ト・ミ」(紀伊国屋サザンシアター)

 

2008年12月 「渾沌鶏 マロカレタルトリ」(シアターアプル)
      ※アミューズ主催・東京劇団フェス09 全国から選出の8団体のなか
       東京代表として参加

    4月 「ハリジャン」(シアタートラム)
      ※主演に歌舞伎俳優四代目尾上松緑氏を迎えロングラン公演
    

2007年10月 「獅子吼~シンハナーダ~」(紀伊国屋サザンシアター)

    3月 「リュケイオン」(青山円形劇場)
  

2006年 6月 「ミライキ」(シアタートラム)

 

2005年10月 「ZION~目覚めよと呼ぶ声が聞こえ~」再演(シアターV赤坂)

   3月 「HELL FIGHTER」(青山円形劇場)
   

2004年 7月 「Klistan Manas」(中野ザ・ポケット)

 

2003年10月 「地霊 ゲニウスロキ」(新宿シアターモリエール)

   4月 「渾沌鶏 マロカレタルトリ-EXILE’03-」(パルテノン多摩)
      ※第16回パルテノン多摩演劇フェスティバル参加作品
       最優秀作品賞他主要3賞受賞
   

2002年9月 「Exile- 鬼若奇譚-」再演(中野ザ・ポケット)

   4月 「QUO VADIS」(大塚萬スタジオ)
    

2001年10月 「BOLERO~ cry for the babylon ~」(大塚萬スタジオ)

    4月 「OUROBOROS」(新宿シアターモリエール)
    

2000年9月 「ZION~目覚めよと呼ぶ声が聞こえ~」(大塚萬スタジオ)

    4月 「EDEN」(新宿シアターモリエール)
   

1999年10月 「GENESIS」(代々木フジタヴァンテ)

   4月 「修羅」(新宿シアターモリエール)
  

1998年11月 「Exile -鬼若奇譚-」(早稲田どらま館)

    6月 「phantom」(早稲田どらま館)
    

1997年10月 「pray」(早稲田大学6 号館スペース5)

   6月 「STAY」(早稲田大学6 号館スペース5)
   3月 「MISTRAL」(早稲田高校記念大教室)
    

 

+++++++++++++++++++++++++++++++

 

InnocentSphereは「混沌から浮かび上がるもの」をテーマに、旗揚げから18年間走り続けてきました。演劇を通じ、さまざまな出会いと別れを繰り 返しながら、ここまで続けてこられたのはひとえに「人の情熱」であると考えます。今後の活動拡大のため、劇団員を募集します。性別・年齢・経 歴は不問。簡単なプロフィールと、これまで見たことのあるInnocentSphere作品をお書き添えのうえ、以下のメールアドレスにご応募ください。

info@innocentsphere.com

また、役者以外で劇団制作をお手伝いいただける方も随時募集しております。
お問い合わせは上記アドレスまで。