QUO VADIS

2004/12/15(水)~12/19(日)シアターV アカサカ

歪んだ世界、軋んだ世界、捩れた世界。
一人佇む君が世界の割れ目に見たモノ。
そう、永遠の時を失った光の粒・・・。
決して消えない淡い泡吹くカタルシス。

ーーーー遠くない未来、極東。
そこは力による秩序と、世界を囲む膨大なネットワークで形成されていた。
至る所でマフィア同士の小競り合いが起こり、中央警察はその鎮圧に追われていた。
そんな中、ある噂が世界を駆けめぐる。
あらゆるネットワークへ侵入し、自分の意のままに、そのネットワーク中の情報を動かすことができるという、
正体不明のコンピューターウイルス“QUO VADIS”の存在である。
それを手中に収めた者は、全世界をも収めることとなる。
マフィアグループ“大鵬社”が“QUO VADIS”を手に入れた事を知った、
中央警察捜査官・新藤克美は、決死の覚悟で奪還をはかる。
しかし、そのプログラムの中には人々の思惑とは全く別のある“願い”が溶けこんでいた。

●日時:2004年12月15日(水)~12月19日(日)
●劇場:シアターVアカサカ
●CAST:狩野和馬・倉方規安・坂根泰士・日高勝郎・足立由夏・四十八願智子・黒川深雪・林尚徳・三浦知之・
    八敷勝・中原真治・我妻誠・松崎史也・山本卓・能登まり子・タイソン大屋(劇団☆新感線) 他
●STAFF
 作/演出:西森英行
 照明  :浜崎亮
 音響  :ヨシモトシンヤ
 作曲  :有馬一快
 衣裳  :松岡絵理
 小道具 :蕪木久枝
 小道具助手:信貴千春
 ビデオ撮影:筒井昭善
 舞台写真:伊東和則
 演出助手:長谷川智子
 票券管理:萬代純子
 制作  :大幡雅代
 プロデューサー:佐竹香子・斎藤努
 協力  :株式会社アティス・コミュニケーションズ・チャコット株式会社