stay

1999/6月早稲田大学構内6号館5F・SPACE5アトリエ2

ひと月ほど前、僕は数年ぶりに、
あの懐かしい、小学校の門をくぐりました。
放課後の誰もいなくなった教室で、
校庭から響いてくる、
金属バットの心地よい音を聞きながら、
僕は、いくつもの「はじめまして」と、
そしていくつもの、
「さよなら」をなぞりました。
それは切なくも、温かくも、哀しくもある、記憶たちでした。

いつのまにか僕は、ぽろぽろと、涙を流していました。
僕は気づいてしまったのです。
いつもワクワクして開けた、あの教室のドアも、
あの娘を思って、胸躍らせ駆け抜けたあの廊下も、
あいつといつも、何をすることもなく、
見上げていたあの屋上も、
もう、ここにはないのだということを。
懐かしさに涙するということは、
いくつもの「さよなら」を受け容れるのだということを。
そしてそんな涙を流すことで、
僕らは、“こども”ではなくなっていくのだということを。

いつだって、大切なものは、
失ってから気付きます。
だから僕は、そんな大切な、“あの頃”に潔く、別れを
告げようと決心しました。
愛してやまない、“あの頃”への、
たくさんの「ありがとう」と、
「さよなら」を込めて、
僕は、この作品を、書きました。

●日時:6月26日(水)~6月28日(土)
●劇場:早稲田大学構内6号館5F SPACE5アトリエ1
●CAST:相野谷郁絵・狩野和馬・坂根泰士・竹内啓史
●STAFF
 作/演出:西森英行
 空間演出:KURISU
 音楽  :Kanto-kee
 音響  :太田晴子
 照明  :松山孝恭
 映像  :くらげ
 宣伝美術:高嶋雄一郎
 制作  :井原雄人
 企画制作:竹内啓史
      イノセントスフィア